もんさん見せる

もんさんがいろんなところで拾ってきた情報をみんなに見せるブログです。

ドラクエ記事でカブり、惨敗を喫したので、その違いについて考えてみた。



広告:

 

ドラクエ

 

昨日の記事で、「リビドー」について書きました。(今となってはなぜ書いたのだろうと思っています)

リビドー - もんさん見せる

 

また、ほぼ時間を同じくして、ドラクエの宿屋問題について触れているブログがありました。

ドラクエの宿屋問題 - コリログ

 

実は、「リビドー」について書いた私のブログにも、たまたま、ドラクエについてちょっとだけ書いていて、カブった・・と思いました。

 

一瞬、「パクられた?」と思ったのですが、ブログの投稿時間をよくみると、コリログさんのほうが先に書いているので、こっちがパクったと言われてもしょうがない状態になっています。でも、パクってはいませんよ。ブックマーク数でも圧倒的に負けていますし、全く歯が立ちません

 

厳密に言えば全然違いますが、同じテーマが含まれるブログなのに、ブックマーク数に大きな差が出ています。しかも、そのうちの1ブックマークは自分です。

 

せっかくなので、今日はこの違いについて考えてみます。

 

2つのブログの違い

伝え方の違い

私のブログはただ情報を伝えているだけでした。リビドーと言う聞きなれない言葉を説明し、その情報を少しだけわかりやすくしようと、ドラクエのMPの話を例としてあげていました。

 

ブログの流れを対話形式にしてみるとこんな感じでしょうか。

私:「リビドーって言葉知ってる?切れると何も出来なくなるらしいよ。」

Aさん:「あ、そう。。」

 

私:「これって、ドラクエのMPみたいなもんだよね。」

Aさん:「お、おう。。」

 

今読み返してみると、情報を伝えられた方も「だから何?」という感じになるだろうなと思ってしまいます。

 

それに対して、コリログさんのブログはこんな感じになっています。

こちらも対話形式にしてみます。

コリログさん:「ドラクエの宿屋っておかしいよね」

Aさん:「え?なんで?」

 

コリログさん:「現実では、一晩寝ても疲れなんて取れないし」

Aさん:「いや、そうだけど、○○」←つっこみが入る

 

まず、記事の種類が全く違います。私のブログの方はただ情報を伝えただけに対して、コリログさんのほうは、問題を提起した後、他方から突込みが入る余地を残したまま話を締めくくっています。同じ題材が出てくるのに対し、切り口がまったく違っています。

 

切り口が違っているだけではなく、私のブログがそもそもブックマークされるレベルに達していないということも、比較してみてよくわかりました。

 

私のブログをもっと良くするためにはどうしたらよいか?

私のブログはただ情報を伝えただけにとどまっています。「ふーん、そういう言葉があるのね」と思った人がいたとしても、読めば言葉の意味が書いてあるので、わざわざブックマークする人はほとんどいませんでしたし、「おもしろい!ブクマ!」という記事のレベルには行き着いていません。

 

書いた情報自体に価値があればいいのですが、この「リビドー」とはという記事ではリビドーの言葉の意味を説明しただけで、情報自体の価値はほとんどありません。簡潔に言うと辞書を見ればわかることでした。

 

ふと、この情報伝達型の記事は読書感想文に通じるものがあると思いました。

 

読書感想文で言えば、私の書いた記事は、ただ本のあらすじを伝えただけで、まったく持って感想文となっていない状態だと思います。走れメロスを呼んで、メロスは走りました。という文を書いても、表彰されることはまずありません。

本から読み取ったことを、そのまま伝えるのではなく、自分の経験を元にして面白みを足していく作業が必要だと思います。

 

では、どうすればよかったのでしょうか?施策として、次の4つが出てきました。

 

1.なぜその情報を伝えようと思ったのかを説明する

まずは、なぜその情報、この場合はリビドーについて伝えようと思ったのかを説明する必要があると思いました。説明をすることにより、どのような読者層に読んでもらいたいかがはっきりするため、メッセージ性が高まります。

 

さらに、リビドーの記事は突拍子も無い感じがしたと思います。いつか書きたいとは思っていたのですが、前提の説明も無く、内容もあまり組み立てないまま放ってしまったため、なんだかボヤボヤした始まり方になっています。

 

2.その情報を得ることにより、読者にとってプラスとなることがあれば書く

せっかく立ち寄ってくれた読者には、何かしらプラスとなることが書いてあり、読んで良かったよ思っていただきたいと考えています。このリビドーの記事を通しても、どんな些細なことでも伝えられたらいいなと思っていたのですが、この記事には無かったですね。。

 

ここで言うプラスとは、ちょっとした元気でも、新しい見解でも、商品の紹介でも何でもいいと思っています。全く無いよりはあったほうがいいという感覚です。

 

3.言葉の意味だけではなく、自分の考え、経験を書く

これも、やろうやろうとは思っていたのですが、リビドーの記事では、最後まで入れることが出来ませんでした。言葉の意味を伝えるだけでは、本当にだれにでも書ける内容となってしまいます。そんな記事を書いても仕方が無いので、今後は必須で入れるようにします。

 

自分の考えや経験を書くべきだと思ったのが、情報伝達型のブログが読書感想文に通じるなと思った所以です。こういったものを含まない読書感想文はつまらないというかあらすじ文になるのだと思います。

 

4.書籍などにひも付ける

 これは、書籍を紹介して儲けようとしているわけではありません。いろいろな情報が既に書籍化されていることが多いため、参考文献の意味でブログで紹介しておくのがいいと思いました。

 

紹介する書籍については、中身を実際に読んでいることがもちろん望ましいと思います。でも、もし読んだことの無い本であっても、情報を収集していく中で参考になると考えられた場合はブログに載せてもいいと個人的には思います。

 

まとめ

同じドラクエの記事をブログにしつつも、ブックマーク数で大敗したため、その理由について考えました。また、どのようにすれば記事の内容が良くなるかについても考えました。

 

検討した結果、次の4つを押さえることにより、記事の内容が良くなるのではないかと考えました。

  1. なぜその情報を伝えようと思ったのかを説明する
  2. その情報を得ることにより、読者にとってプラスとなることがあれば書く
  3. 言葉の意味だけではなく、自分の考え、経験を書く
  4. 書籍などにひも付ける

 

 ブックマーク数でコリログさんに追いつくのを夢見て。

 

おしまい。

 

 

ドラゴンクエスト メタリックモンスターズ ギャラリー はぐれメタル

ドラゴンクエスト メタリックモンスターズ ギャラリー はぐれメタル