もんさん見せる

もんさんがいろんなところで拾ってきた情報をみんなに見せるブログです。

「がんばるな、やれ。」



広告:

 

f:id:imonsan:20140412220216j:plain

 

がんばるな、やれ

社畜っぽい響きに聞こえるかもしれないけど、奥深い言葉だと個人的には思う。これは、私が転職する前に働いていた会社の同期から聞いた言葉です。その同期も大学時代に教授から聞いた言葉だと言っていました。

 

がんばるという言葉に含まれるマイナスイメージ

学生時代にスポーツをやっていて、試合中に「がんばって〜!」なんて女子からの声援が飛んでくるなんて、特に経験はしていないのですが、スポーツとがんばるという組み合わせには、プラスのイメージがあります。

もし言われたら、ポジティブにとらえて「がんばっちゃうぞ!」なんて思います。いや、言われた事は無いのですけどね。

 

ただ、社会人になって聞くがんばる、がんばれ等の言葉には、あまり良くないイメージが含まれると思います。上司から「がんばれよ」と言われると、「ちゃんと結果をだせよ」と言われるようで、プレッシャーを感じてしまいます。それと、うつになってしまった人にがんばれと言うのも禁句ですね。

 

がんばる時というのは、仕事でも私生活でも、なんとなくやりたくない事に取り組む時ではないでしょうか。勉強をがんばる、ダイエットをがんばるなど、必要だとは思っていても、なかなか前向きに勧める事が出来ない事柄に対して使うことがあると思います。

 

また、がんばらなくてはいけないと考えている時には、同時に心の中で「やりたくないな」と少なからず考えていると思います。このやりたくないなと考えている事が、簡単にできる事でさえも、そりいっそうがんばらなくてはいけなくさせている気がします。

 

「がんばるな、やれ。」

この言葉には、そういったがんばるという言葉が持つマイナスイメージを消すと共に、尻込みしているくらいなら、やってしまえば良いよというメッセージが込められています。あれこれムダに考えるのをやめて、一旦やり始めてしまえば、意外とすぐ終わってしまう事かもしれません。 

 

例えば、

  • 1日30分のジョギングを日課にしよう!でも、今日は気分が乗らないからちょっとテレビを見てから始めようと思いテレビを見始める。気がついたら1時間経過してしまい、ジョギングをする時間が無くなってしまった。とか。
  • 1週間後にレポートを提出しなければいけない。でも、他のやる事が邪魔をしてしまい、なかなか手をつけられず、ギリギリになってしまう。

 

上記は、がんばればやれない事は無いけど・・・という例です。

こんな時こそ「がんばるな、やれ。」です。

とりあえず、始めてみましょう。

 

と、自分に言い聞かせてみる。

 

おしまい。

 

 

広告を非表示にする