もんさん見せる

もんさんがいろんなところで拾ってきた情報をみんなに見せるブログです。

研修参加時はクローズドクエスチョンに勤めるべき



広告:

 

Seminar De Toekomst van Open

「ここまでのところで何か質問はありますか?」

 

新社会人が研修中に聞きそうな言葉です。みなさんはこう聞かれたときにどう反応するでしょうか?

  1. 気になったところを聞く
  2. 何も聞かない
  3. 自分の理解を確認するために使う

 

この3つの中から選ぶとすれば、3つ目の「自分の理解を確認するために使う」が良いと思います。「何か質問はありますか?」の反応として「自分の理解を確認させていただきたいのですが・・・」で始めると、研修を主催している側からすれば、よほど的外れな事を聞かない限り、この人はちゃんと内容を聞いているなと思います。また、確認した内容があっていても、間違っていたとしても、主催者側からの回答をしっかりと覚えておく事ができるでしょう。

 

自分の理解を確認するための質問は、自然と「クローズドクエスチョン」になります。まずは、「クローズドクエスチョン」とその反対の「オープンクエスチョン」の違いから始めます。

 

クローズドクエスチョンとオープンクエスチョンとは

両方とも、クエスチョンということからわかるように、質問の方法に関する事になります。「はい」「いいえ」で答えられる質問はクローズドクエスチョンと呼ばれ、逆に「はい」「いいえ」で答えられない自由な回答を求めるような質問をオープンクエスチョンと呼ばれます。

 

例えば、「これはペンですか?」という質問に対しては、「はい」「いいえ」の回答が出来ますので、クローズドクエスチョンとなります。また、「なぜあの研究は物議をかもしているのですか?」という質問に対しては、基本的に「はい」「いいえ」で回答できませんので、オープンクエスチョンとなります。

 

新社会人は質問力が問われる

研修中に「何か質問はありますか?」と聞かれたときに、先に挙げた1の「気になったところを聞く」ということの危険性について考えてみたいと思います。

 

気になったところを聞く事の危険性

気になるところを質問するのは、ものすごく当然の様な気がします。しかし、なぜ気になったのかを考えてみると、時と場合により聞かない方が良い場合があります。

 

他人がした質問を聞いて、「なんで、そんな事を聞いているのだろう?」と思った事はないでしょうか?

また、「さっき説明してなかった?」とか「それは資料に書いてあるのに・・」と思うときもあるかもしれません。

 

気になったからといって安易に質問をすると、この人は話を聞いていないのだなというレッテルを貼られる危険性があります。周りからも、無駄な時間を使わないでほしいと思われる危険性があります。気になった事や、ちょっとわからなかったという事について安易に聞くことは、よほどその部分の説明が無かった事に自信が無い限りは避けるべきです。

 

気になった点を説明できるところまで昇華させる

では、どうすれば良いのでしょうか?集合研修の様な場であれば、しっかりとした資料が用意されていると思いますので、気になった点についてしっかりと資料を読み込み、次の点等について確認してみましょう

  • なぜ気になったのか
  • 資料を読んでも理解できていないところはどこか
  • 質問する事によって何が得られるのか
  • 周りの人によっても有益

ただの興味本位であれば、その時点で質問すべきではありません。また、質問する事によって周りの人にも時間的拘束が発生するので、周りの人にとっても有益であるかどうかまで気を配りたいところです。ただし、どうしても聞かなければいけないような内容であれば、周りの人は気にしなくても良いと思います。

 

上記を自分なりに確認した上で、質問の内容を考えていきましょう。最終的にはクローズドクエスチョンの形にしていきます。

 

例えば、次のような形です。

「資料の23ページ目には、○○と書いてあります。しかし、28ページ目には△△と書いてあります。一見すると両者は矛盾するように見えますが、□□の理由から、優先すべきは23ページの方でよろしいでしょうか?」 

 

このような聞き方をすれば、「はい」「いいえ」での回答がまず返ってきます。もしくは、「おしい!」と言われるかもしれません。どういった形の返答であれ、上記の質問のように自分の中で理解した上で質問をアウトプットするのであれば、話を聞いてないな、と思われる事はまずありませんし、良いところに目を付けたと思われる可能性の方が高いでしょう。資料の中にはそういった質問ポイントが隠されている事があります。

 

ちょうど、前回の記事「新しい環境でロケットスタートする為にはアウトプットが大事 」のアウトプットを研修中の限られた時間内で高速に行うような感じです。

 

新人は質問力が問われる

会社に入りたて、環境が変わりたての人には、基本的には周りの人は過剰な期待はしていないと思います。しかし、コミュニケーションを通して、仕事が出来そうな人なのか、そうでないのかは常に見られていると思っておいてください。当たり前の事ですが。

 

仕事が出来そうな人かどうかを測るときに、質問力が一つの物差しとなる事があります。新人は教わる事が多いため、自然と質問をする機会が多くなりますが、常に「なぜこうなっているのですか?」のようなオープンクエスチョンをしてくる場合と、「ここはこういう理由でこうなっているのですね?」のようなクローズドクエスチョンをしてくる場合では、おそらく後者の方が、質問力があると考えられます。

 

質問をするときに、意識してクローズドクエスチョンを作るように練習すれば、意外と簡単に実践できるかもしれません。簡単に出来ない人は、もしかすると普段からオープンクエスチョンしかしておらず、質問相手に対して、答えを丸まる引き出す事しかしてこなかったのかもしれません。

 

ただし、そんな人でも、多少練習すれば、徐々にクローズドクエスチョンを作る事が出来るようになります。クローズドクエスチョンを作る課程は、ただそれだけで学んだ事を自分なりに整理をすることにつながるため、たとえ質問できなかったとしても、学んだ事の理解は深まります。

 

余談ですが、質問力には、質問の仕方だけではなく、質問をするタイミングや気持ちよく質問に答えてもらう為のアメのようなやり方も含まれると思います。ただし、研修参加時というところにしぼると少しブレてしまうので、今回は省略します。

 

まとめ

今回は、「研修参加時はクローズドクエスチョンに勤めるべき」という題でここまで書いてみました。

 

相手に質問をするときに、全てをゆだねるような質問をするのではなく、「はい」「いいえ」で答えられるクローズドクエスチョンをする事で、自分の中での理解度も変わってきますし、周りからの評価も変わってきます。まさに一石二鳥の効果があると思います。

 

オープンクエスチョンは自分自身に対して行い、相手にはクローズドクエスチョンをしましょう。

 

 

ちなみに、社会人を続けていると、上司から「なんでそうなるんだよ?!」というオープンクエスチョンが飛んでくる事がありますが、それはまた別のお話です。

 

おしまい。

 

YES/NOマグSET AR-1272

YES/NOマグSET AR-1272

 

 

追伸:先日読者になっていただいた方に、新社会人になられた方がいたようです。最近の一連の記事が、そういった方に届いたというだけで、なんだか嬉しくなりました。書いててよかったー!

 

広告を非表示にする