読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もんさん見せる

もんさんがいろんなところで拾ってきた情報をみんなに見せるブログです。

20記事目。今後より良い文章を書いていく為にどうすれば良いか。

もんさん話す


広告:

Think First
Think First / jDevaun

 

このブログを書き始めて、20記事目。

 

どこかのブログで、何かをやってみる場合には、とりあえず20時間実施してみて判断すると良いと書かれていたのを読んだ気がするので、この20記事目という記念に少し今までの「もんさん見せる」を振り返ってみたいと思う。

 

1記事を書くのに、1時間と仮定すれば、ちょうど20記事で20時間となる。まあ、実際にはネタを探す時間や、初めの方にはブログの体裁を整える為の作業があったりで、今までにブログにかけた時間は20時間では収まらないが。

 

「もんさん見せる」が20記事を書くまでにできた事

1.ホットエントリーに入った

まず、たった1記事だけではあるが、はてなブックマークのホットエントリーに入る事ができた。記事の内容としては、今何かと話題のSTAP細胞に関わるものだった。

とあるSTAP細胞には関係のない理系大学での論文作成の話 - もんさん見せる

 

現在でも方向性が定まっていないこのブログではあるが、時代の流れにでも乗ってみるかと思い、記事を書いてみたらブックマークが増えていった。ブログが始まって以来(まだ1ヶ月も経ってないが)の出来事と、飛躍的にアクセス数がのびた事で非常にドキドキした。

 

2.はてなブログのトップページに紹介されるようになった

これも、密かに狙っていた事だが、はてなブログのトップページには「人気エントリー」、「オススメブログ」、「旬のトピック」などのいくつかのカテゴリーがある。ここに載るとアクセスアップが望めそうだと思っていた。

 

それぞれのカテゴリーには、3記事から6記事のブログが紹介されている。人気エントリーやオススメブログカテゴリーに関しては、どのようなロジックで掲載されるかわからないのだが、旬のトピックに関しては、トピックに沿って書いていきある程度のスターがつくほどアクセスがあれば、掲載されるだろう事がわかった。

 

この記事を書いている現時点では、あまり上の方ではないが、人気エントリーやオススメブログに載るところまで来た。

 

ある時、このオススメブログに載ったらもう少しアクセス増えるのかな、なんて考えながらオススメブログ欄を見ていたら、見覚えがあるブログがあり、一瞬間があった後に自分のブログだと思いビックリした。

 

3.スターの数が増えた

はてなスターに関しては、あまり良くない噂も聞くのだが、自分の記事にスターがキラキラつくのは、嬉しい物だ。たまに緑スターがつくと、ものすごく嬉しく感じる。緑スターが付くとえっ?間違ってない?といつも思う。

 

さて、前置きが長くなったが、次からが本題です。

  

今後より良い文章を書いていく為にどうすれば良いかを考えてみる。

...deep thought
...deep thought / tifsims

 

記事を書いていく上で、あるはてなブロガーさんの記事が非常に参考となるなぁと思い、いつも読ませていただいている。 どのブログなのかは、なんとなく明言は避けるが、書いてある記事は興味が引かれる内容であるし、文章も非常に読みやすい。 そのブロガーさんに追いつくため、「より良い文章を書くにはにどうすれば良いか」をここでは「良い文章」とは「読みやすい」という意味で考えてみる。

 

A.適度な改行がされている

読みやすいブログでは一つのまとまりが3行〜5行程度までとなっており、スムーズに読んでいける。

 

はてなブログを開始してから、いくつものブログを巡回させていただくようになった。内容は様々な物があるが、はてなブログに参加している人たちのブログはどれも興味深く、参考になる。そして猫画像はかわいい。

 

今まで、こんなにたくさんのブログをちゃんと見てこなかったというのもあるが。その中で読みやすい文章が書かれているのなと感じるのは、まずは1つの文章の固まりが3行から5行程度まで(スマホ表示ではおおよそ倍くらいの行数)、にまとまっていてるものだ。

 

専門的な事はまだ全然わからないが、おそらく、人間が1度に見える視野を考えたときに、まとまって読める分量がPCとスマホでそれぞれそのくらいの文章なのだろう。

 

まとまりごとに改行されて空白があれば読みやすいが、文脈的に結びつきの高いところであれば、一段改行されているだけでもある程度は読みやすい。

 

ただ、可能であれば、それでも文章のまとまりを3行程度に抑えて置くのが良い。つまり、5行6行も一塊になるような文章の場合は、冗長なのであって、まとめ直した方が読みやすくなる。

 

B. 無駄な文章が無い

読み進めていく上で、文脈がしっかりと流れるようにできており、無駄な文章が無いというのも読みやすい。

 

前述とかぶるところがあるが、一つの固まりが5、6行となっている場合は、その中の文章を読み込まなければ何を書いているのか、何が言いたいのかをなかなかつかむ事ができず、テンポが悪くなってしまう。

 

紙媒体の文章では、もっと行数がまとまっている物があるが、そういった書き方はWebでは向いていないと思う。下へスクロールしていくというWebのフォーマットでは、長文を読むにしてはつらい。時々急速が欲しい。

 

ニュース系などの多くのWebサイトでは、ある一定量の記事量のところで、次のページへのリンクが書かれている。まれに、ものすごい量の長文が1ページに収まっているサイトがあるが、そういったページでは、個人的には最後まで読み進める事ができず、途中で読むのをやめてしまうか、飛ばし読みしてしまう。 

 

C.セクションごとに主張が明確で、文章に矛盾が無い

 3行のまとまりが、5から10個まとまってひとつのセクションとなったら、その中で主張がまとまっているのが読みやすい。

 

なるべく一つの主張に関しては、一つのセクション内でとどめ、複数のセクションで言及する事はしない方が良いし、別のセクションでは真逆の事が書かれていたりすると読み手としては??と思う。このような事は避けた方がいい。

 

そういう矛盾を含んだ文章は、深く読み込めば理解や納得ができるのかもしれないが、万人に理解される文章でない事は確かだと言える。  

 

まとめ

20記事を書いてみて、今後より良い、読みやすい文章を書いていくにはどうすれば良いかを考えてみた。文章の書き方はいろいろなサイトでまとめられているが、その中で、個人的にこういう形だと読みやすかったという事をまとめている。

 

実際には、ここで書いた事が自分の中で定着していない部分があり、実践できていないところもあるが、今後も上記の事を気をつけて書いていこうと思う。

 

また、40記事目には、文章に関わる事をまとめる。興味を引く文章の書き方なんかを書いてみたいと思っている。

 

それでは。

参考にしているブロガーさんに近づく日を夢見て。

 

 

すっきり! わかりやすい! 文章が書ける

すっきり! わかりやすい! 文章が書ける

 

 

広告を非表示にする